DCF(キューベンファイバー)スタッフサックSS



防水。軽い。しかも丈夫。
DCFスタッフサックは「間違いない」選択

日本は雨が多く、山では突然雨に降られることも多いので雨対策は必須です。バックパックの外側にカバーをかけたり、内側にパックライナーを入れてもそれだけでは不十分。

濡らしたくない物は防水のスタッフサックに入れることが欠かせません。着替えが濡れると最悪命にかかわりますからね。

DCF(=ダイニーマコンポジットファブリック)は100%防水生地。しかも軽くて丈夫。様々なアウトドアに最適な「間違いない」選択です。

防水で軽い。だけじゃない!
DCFは「同じ重さなら鉄より15倍強い」

PUコーティングのスタッフサックは防水だけど…重い。DCFなら半分の重さで済みます。シルナイロンは軽いのですが防水性がありません。DCFは、一般的なスタッフサックの長所を集めたイイトコどりの素材だと言えます。

しかも強い!同じ重さなら鉄より15倍強いとされています。ワクワクしません?防水で軽くて丈夫。使わない手はありませんよね。

当メーカースタッフの丁寧なハンドメイド
防水性を活かす方法で製作

縫い目からの水の浸入や引き裂きを避けるために、ミシンは使わず強力な両面テープを用いたボンディングという手法で製作しました。巾着型ですので完全防水ではありませんが、使い方の工夫で濡れを防ぐことが出来ます。

またボンディング製法のおかげで、水を汲んで溜められる程になっていますので、濡れてしまった着替えや漏れが心配な食材を入れても安心です。(※長時間浸水するような使い方は避けてください)

カッコ良さが魅力のツリーカモ柄と
厚手でタフなスプルースグリーン色

DCFスタッフサックには2タイプの生地があります。ツリーカモ柄の厚さは0.67oz。もう一方のスプルースグリーンはより厚手の0.8oz。

DCFという素材は引き裂きや引っ張りにはめっぽう強いものの「刺し傷」には強くありません。金属製で角が立ったようなギアを入れるなら厚手のスプルースグリーンをおすすめします。

とは言えそこからの踏ん張りが強く裂けにくいのがDCFの持ち味。防水性は落ちますが、使用上は全く問題ありません。

使い方はあなた次第
僕はSSサイズにはヘッデン用の予備の電池やアルコールストーブ、火熾し様の細かい火口を入れています。また普段使いではiphoneのイヤホンを入れています。

Sサイズには携帯浄水器とCNOCのウォーターコンテナ、またはプラティパスの2Lを入れています。浄水フィルターに残っている水が出てきてもこのスタッフサックなら安心です。他にはパラコードの収納としても使っています。

タフで軽いDCF(ダイニーマコンポジットファブリック→旧キューベンファイバー)製スタッフサック。あなたのキャンプライフにお役立ていただけると嬉しいです。

当店スタッフサックの比較・選び方
▼ESPスタッフサック
[防水]3 [軽さ]5 [尖った物]3 [擦り傷]3 [エコ]5
基本のスタッフサック。地球に優しい再生生地。
■用途⇒食材、小物、他なんでも

▼DCFスタッフサック
[防水]5 [軽さ]5 [尖った物]3 [擦り傷]4 [エコ]2
防水。軽い。濡らしたくないもの、濡れたものに。
■用途⇒着替え、浄水器、電子機器、調味料、火熾し道具、風呂道具

▼RSNポットサック
[防水]4 [軽さ]3 [尖った物]5 [擦り傷]5 [エコ]2
丈夫さナンバーワン。防水。ガシガシ使える。
■用途⇒クッカー、ストーブ類、フライパン、食材、ガジェット、風呂道具



SSサイズ(税抜1,050円)
■横12.5cm×縦13.5cm
※ハンドメイドのためサイズは多少前後します。ご了承ください。
■重量:約6g
■材質:
本体(ツリーカモ)→0.67 oz Dyneema Composite Fabric
本体(スプルースグリーン)→0.8oz Dyneema Composite Fabric
コードロック→プラスチック(Nifco社製)、アクセサリコード→ナイロン
■生産国:日本 HIIRAGI OUTFITTERS ハンドメイド
Color
購入数
売り切れ