3WAY BUSH BUCKET(スリーウェイブッシュバケット)





これから紹介する3WAY BUSH BUCKET(スリーウェイブッシュバケット)。初めに言っておくがそんなに大層なものじゃない。

僕がつくったハンドメイドだし、デザインだってお洒落とは程遠い。色気がなければ味気もない。言ってしまえば「ただの袋」だ。

でも丈夫さには自信がある。焚き火臭さが染み付いた頃には、色気も味気もでてくるだろう。

そういう材料を選んで、そういう作り方をしています。何個も試作とテストを重ねて、辿り着いた結果です。

全ての生地・パーツはMade in JAPAN。作り手は北海道札幌の焚き火好き。もし興味を持ってもらえたなら、もう少しだけ僕の話にお付き合いください。

3WAYブッシュバケット。
3つの使用方法


【1つ目の使い方】
→ビリーポットケース




キャンプ・ブッシュクラフトの定番ギア「ビリーポット」の収納ケースとして使用します。

焚き火で使用しヤニや煤で真っ黒になったビリーポットは3WAYブッシュバケットに入れておきましょう。

ブルドッグブランドやDUGの焚き火缶のMサイズ、zebbraに最適なサイズです。Bush Potの64ozだと余裕があります。

ビリーポットに限らず、ケトル、スキレット、フライパン、グリルなどにも。僕はGSIのケトルやCocopanモーニング23cmなんかの収納袋としても使用しています。グランマーコッパーケトルのミニにもジャストサイズのようです。

【2つ目の使い方】
→ブッシュバケット




BUSH BUCKETの状態。スリットがあってウェビングを掴めるようになっています。ティンダー(火口)や炊き付け集めはこの状態。カラビナでパンツのベルトループに吊るしてもいいですね。

バックルを留めてウェビングの長さ調節を最大に伸ばせば持ち手になります。ギア等の運搬に便利。電工バケツをイメージしてもらえれば。



別売りオプションのショルダーストラップがおすすめ。焚き木集めや藪漕ぎをする際に両手を使えるので助かります。僕はタンカーキにショルダーストラップを付けて、フィールドはもちろん街中でもバッグとして使用しています(それぐらいお気に入り!)

【3つ目の使い方】
→ロールトップバッグ


手に持って良し。ベルトから下げて良し。写真はダラっとしていますが、ビシット巻けばコンパクトになります。

キャンプサイトを離れる際にサイフ、スマホ、鍵などの貴重品を入れて腰から下げています。便利なので街中でも日常的に使うほどです。

なので予算に余裕のある方は2~3個所有がオススメ。焚き火クッカー以外のギアの小分け収納にも重宝します。

生地・パーツはMade in JAPANのタフな素材を使っています

利益を追求するならば安価な中国製の材料を使えばいいのですが、当店では日本の作り手を応援したいという想いから、可能な限り日本製を採用しています。

本体部分は日本製純綿帆布(11号)。伝統的な技術を用いて紡績〜製織〜加工の全工程が日本国内の工場で行われています。

上部生地のリップストップコットンとPPテープも日本製。プラスチックバックルは日本のNifco社のものですが生産はベトナムとなっています。

※タンカーキ色はリップストップではなく肉厚なキャンバス地です。

オマケで防水WAXが付属。
自分でWAXED COTTONにする楽しさを。









3ウェイブッシュバケットの最大の魅力かも☆オマケで防水用のWAXをお付けします。ブッシュクラフトギアの定番素材であるワックスドコットン。この機会に自分で施工してみませんか?

パラフィンと蜜蝋と亜麻仁油などで作った防水ワックスで、コットンの防水加工ができます。真っ白になるくらい塗りつけて、ドライヤーやヒートガンでとかして生地に馴染ませてください。この施工を3回ほど繰り返すとしっかりと水を弾くようになります。

他社のものを使用していたのですが、塗りにくく防水機能もそれほど良くないと感じましたので、柔らかめでしっかりと塗りこめるように調合いたしました。もちろんお持ちのバックパックなどにもご使用いただけます。

品薄のお詫び
完成品の在庫が欠品しておりまして受注生産となっております。ご注文から発送までに2週間ほど要する場合がございます。予めご了承ください。



■商品内容:3WAYブッシュバケット本体、防水WAX約18g1本
■重さ:約92g
■使用時サイズ:高さ34cm、底直径18cm、平置き時の横幅28cm
■素材:綿(本体)ポリプロピレン(ウェビング)プラスチック(サイドリリースバックル)
■生産国:日本製
カラー
購入数
売り切れ